ワンブルって老犬に使うと逆効果なのか?ワンブルが老犬に有効か?考えてみた!

ワンブルはどれくらいのサイズ(犬の首)まで使用可能なのか?解説!

愛犬の無駄吠え防止のために、多くの方が愛用しているワンブル・・・。

ネットでワンブルを検索すると、いまだに「ワンブル 効果なし」というネガティブなキーワードも浮上しますが、しっかりと口コミを見ると多くの方の喜びの声も見ることができます。

しかし考えてみれば、ワンブルは愛犬に少しの刺激を与えて無駄吠えを防止させる装置・・・。

若い犬であればワンブルの刺激で「しつけ」ができたとしても、犬が老犬だったらどうなのでしょうか?

この記事ではワンブルを老犬に使用すると、しつけることができるのか?について自分なりの意見を書かせていただきます。

ワンブルは老犬には使わない方がいい?

ワンブルって老犬に使うと逆効果なのか?ワンブルが老犬に有効か?考えてみた!無駄吠えの防止装置として人気の高いワンブルですが、無駄吠えは人間から見た考え方です。

つまり、吠えている犬にとっては無駄ではなくて、ちゃんと意味があって吠えている!ということになるんですね(^.^)

ただ、若い犬の多くは「要求吠え」が多く、おやつが欲しい時に吠えたり、一緒にいて欲しい時に吠えたりするんですけど(;^ω^)

そんなワンちゃんの要求吠えに対して「あんまり吠えちゃダメよ!」と「しつけ」をするためにあるのがワンブルなのです。

 

ですが・・・老犬の場合は吠える理由が違ったりします・・・。

飼い主としては悲しい事実ですが、8歳から分類される老犬の場合、痴呆症のような夜泣きが始まります。

つまり、吠えていることに意味がない可能性があるのです(意味がある場合もあります)

犬も白内障になりますし、耳も遠くなります・・・。

思うように見えなかったり、思うように聞こえないために、老犬は無駄吠えするとも言われているのです。

公園を走り回った記憶が懐かしい・・・。

なんだか悲しいですね。

 

ワンブルに話を戻しますが、そんな老犬にワンブルを使うべきなのでしょうか?

私の意見を書かせていただきました。

 

ワンブルと老犬に関する私の意見!

ワンブルって老犬に使うと逆効果なのか?ワンブルが老犬に有効か?考えてみた!老犬にワンブルを使った場合・・・無駄吠え防止の効果はあると思います。

若くても年をとっても犬は犬です。

注意されているという事実は、ある程度認識できるはずです。

なので、老犬になったからといってワンブルの効果が0になることはないでしょう。

 

ですが、老犬にワンブルは個人的には使いたくないかな・・・。

ウチの愛犬は4歳ですが、いずれ老犬になります。

そんな時はワンブルで吠えるのを押さえつけるのでなく、「よしよし!」と傍にいてあげたいと思っています。

仕事があるので、ずっとは無理です。

でも、多くの感動と愛を分けてくれた愛犬に、最後まで機械で「しつけ」をしたいとは思いません。

8歳まではワンブルを使って「しつけ」はしたいと思います。

ですが、8歳を超えた老犬になったころからは、吠えても叱らずに抱き上げてあげる・・・そんな飼い主でいたいですね。

 

論点がずれたかもしれません(;^ω^)

効果に関してもう一度買いますが、老犬になってもワンブルの効果はあると思います。

ただし、機械で一時的に無駄吠えを抑えても、痴呆症の場合は「しつけ」されていることを理解していない可能性があります。

一時的に無駄吠えが収まっても、同じように夜泣きをする可能性もあるでしょう。

その時に飼い主として、どうやって接するか??そこではないでしょうか??

私は8歳になるまではワンブルを使っていきたいと思います(^.^)

【トップページ:ワンブル 効果なし!効かない!と後悔するのが嫌な人のためのブログです! 】

関連記事

ページ上部へ戻る