ワンブルで想定される失敗には何がある?故障や作動しない初期不良なども検討してみた!

犬が吠えるのを「しつけ」の一環として防止させる首輪型装置のワンブル。

価格も1,000円、2,000円ではないので、買う前に慎重になるのは当然の話だと思います。

そこで購入前に浮上するのは『ワンブルは本当に効果があるのか?』ということと、もう一つ!『ワンブルを買っても失敗しないか?』という疑問ではないでしょうか?

このページではワンブルを購入して、想定される失敗はあるのか??を、故障などの観点からまとめてみました!

ワンブルを買って失敗した!という人はいる?

そうですね~、私自身ワンブルを買って失敗した!と思うことはありません。

でも、それは私の個人的な意見なので、他のユーザーも同じとは言えないですよね?

では他の人はどうか??ということになりますが、多くの人が使っている以上『ワンブルで失敗した!』と感じている人もいると思います。

そう思った根拠は、ワンブルの公式サイトで書かれているユーザーの満足度の数字です。

この93.2%が満足というのは、使用するのが犬であることを考えると驚異的な数字だとは思います。

ですが、違う見方をするのであれば、6.8%の人が不満足!ということになりますね。

そうなると、『ワンブルを買って失敗した!』と思っている可能性もあるわけです。

 

そこで考えてみました!

ワンブルで失敗するとしたら、どんなことが考えられるのでしょうか?

 

ワンブルで失敗するとしたら、どんなこと?

これは私の予想でしかありませんが、こんな感じではないでしょうか?

①口コミなどを見て、ワンブルを買ったけど、全く無駄吠え防止の効果はなかった!

②効果は感じたけど、電池交換をしたら蓋を壊してしまった!

③買ってすぐに初期不良が出たけど、忙しくて交換することができなかった。

犬が噛んで、ワンブルを壊してしまった(保証対象外)

⑤ワンブルを使ったら、犬が怖がって、以前のような元気がなくなった!

・・・と、ざっと思いついたのはこんな感じです。

 

この中で私が本当の失敗と思うのは⑤だけですね。

①は失敗じゃないの??と思う方もいるかもしれませんが、人間に性格があるように、犬にも性格があります。

ワンブルは1種類しか存在しないので、全ての犬種と全ての犬で同様の結果が出るはずがないのです。

それに、効果なし!と感じているのは飼い主だけであって、犬には効いている可能性だってありますしね(^.^)

①に関しては、ワンブルで失敗した!のではなくて、他の商品を試すキッカケとなった!と私なら判断すると思います。

これらの意見は、こちらの「ワンブルの口コミ」のページで記載していますので、ご覧になりたい方は参考までにご覧ください。

 

続いて、②~④ですが、厳しい言い方するならば、それは飼い主の不注意ではないでしょうか?

飼い主が注意していれば、防げたことだと思うんです。

なので、このこと自体がワンブルによる失敗だとは思えませんね。

 

最後に⑤ですが、自分がこの立場だったら『ワンブルで失敗した!』と思ってしまうと思います。

無駄吠えは嫌ですが、犬が元気に吠えるは飼い主にとって幸せですよね?(^.^)

何よりも、元気な犬の姿が最高に幸せなのですから・・・。

ですが、⑤の場合は、ワンブルが愛犬の元気と笑顔を奪っていることを表しています。

それこそが、ワンブルで失敗した!ということになるのでしょう。

ただし、ここで補足があります!

⑤の場合、使い方を間違っている可能性があります。

ワンブルは音から試し、それで効果がないなら振動を試す!それでも効果がないなら、レベル1~徐々に電気を試すという順で試していきます。

にも関わらず、吠えたことに対して感情的になってしまい、強い電気を流したら犬もびっくりして怖がってしまうのでしょう。

使い方を間違ってしまえば、⑤のように犬が怖がってしまうこともあり得るのです。

まずは慌てずに、手順通りに使う・・・これで⑤の犬が怖がるということは避けられるのでは?と考えています。

ちなみに、ワンブルの使い方に関してはこちらの「ワンブルの使い方」のページで解説しています(^.^)

 

ということで、ワンブルを買うことによる失敗!についてのまとめですが、こう考えれば失敗はなくなると思います。

  • ポイント1:1種類のワンブルで全世界の犬の無駄吠えを防止するのは不可能!と思い、過度な期待はしない!
  • ポイント2:吠えても感情的にはならず、音⇒振動⇒電気の順番を守る!
  • ポイント3:犬がイタズラしやすい場所に置かないなど、故障に対する対策を使用者として徹底する!

という感じですね(^.^)

参考にしていただけると幸いです!

 

関連記事

ページ上部へ戻る