ワンブルによる事故があるか?恐る恐る検索!その結果は?

ワンブル 事故

首輪型の無駄吠え防止装置として大人気のワンブル!

ワンブル 事故

ISO認定工場で作っている精密機械ですが、ネットで検索すると【ワンブル 事故】という気になるキーワードが浮上します。

事故となると、さすがに気になりますよね?

ここではワンブルを利用することによる事故が本当にあったのか??

ワンブル×事故】にクローズアップしてみました!

ワンブルによる事故!という口コミや評判はない!

ワンブル 事故

まず最初に気になる結論から!!

Yahoo!やGoogle、知恵袋で《ワンブル 事故》と検索してみましたが、ワンブルを利用したことによる事故の報告やユーザーの口コミはありませんでした。

これが仮に、利用による火災や爆発など事故多発の評判が多かったら、ワンブルの利用はオススメしません。

 

でも大丈夫!

ワンブルで満足するか?は別にしても、使い方さえ間違えなければワンブルによる事故は起こりません。

利用の際に気を付ける点は次の章でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

なお、これからワンブルの購入を考える人は

『せっかく買っても効果はあるのか?』

『ワンブルを買っても失敗しないのか?』

ということが気になりますよね??

 

⇒それに関しては他のワンブルユーザーさんの満足度を参考にしていただきたいのと、返金保証があることをご確認ください。

ワンブル利用者の満足度は93.2%!

これは高いですよね!!

ワンブル 事故

そして返金保証!!

ワンブル 事故

私がワンブルを買った時(モデルチェンジ前の前期型)は返金保証はなかったですからね(;^ω^)

そう考えると、今は返金保証付きで買えるので、ノーリスクでワンブルを試せることになるわけです!!

 

近所迷惑で引っ越しを余儀なくされる前に、試してみる価値はある!!ときっとご理解いただけると思います(^.^)

ワンブル 事故

ワンブルユーザーの口コミとネット上の評判、それに対する私なりの分析は別記事でまとめてあるので、参考にしていただけますと幸いです(*^▽^*)

ワンブル口コミに関する記事!

これに注意しないとワンブルで事故の可能性もあり?

ワンブル 事故

ネットを見る限り、ワンブルを利用することによる事故に関する口コミや評判は見つかりませんでした。

ただし、ワンブルを利用の際に気をつけないと事故になる可能性はあると思います。

 

ネットの口コミでは書かれていませんが、こんなことに気をつけましょう・・・ということこをまとめてみました。

これからワンブルの利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

《ワンブルによる事故を防ぐため気を付けること》

①犬が首輪部分を噛まないように気を付けてみる

ワンブル 事故

➡保証の対象か?否かの前に、犬がワンブルを噛んでしまうと事故になる可能性があります。
愛犬にワンブルをつける以上、飼い主の責任として、噛まないか??ちゃんと見ましょう。

②電池交換で蓋を割らないように気を付ける!

ワンブル 事故

➡蓋が割れても事故になるわけではありませんが、中に水分が入ったり、それによって感電する可能性があります。
精密製品なので、電池交換にも最新の注意を払う必要があります。

③湿気の多い窓際に置いたり、直射日光の当たる高温な所などには置かない。

ワンブル 事故

➡なんとなく予想できると思いますが、そこから火災・・・という事故の可能性も0ではありません。
ワンブルは食べ物ではありませんが(*’▽’)、保管場所には気をつけましょう。
もちろん愛犬の手が届かない場所にしましょう(*^^*)

④ワンブルに直接リードをつなげて散歩しない!

ワンブル 事故

➡確かに首輪型ではありますが、散歩をする首輪ではありません(;^ω^)
精密機械なのでリードで強く引っ張られると故障してしまう可能性があるのです。
故障だけならまだしも、思わぬ事故にならないように、決してワンブルに直接リードをつなくごとはしないでおきましょう。

⑤ワンブル本体に、スマートフォンなどの強い電波を発するようなものを近づけない。

➡これは意外と知られていませんんが、精密機械に電波信号を近づけることはよくありません。
スマートフォンを使うな!とは言いませんが、ワンブルに近づけないようにしましょう。

⑥ワンブルを長期間ご使用にならない場合は、本体から電池を抜いて保存しましょう。

➡これはエアコンのリモコンで体験していますが(;^ω^)、使いもしないのに乾電池を長期間入れっぱなしにしていると、錆びて故障してしまいます。
単に故障だけであればまだしも、思わぬ事故につながる可能性もあります。
長期間未使用の場合は、ワンブルから乾電池を抜くことをお勧めします。

 

⑦ワンちゃんが病気の時や、妊娠中、生後6か月以内の子犬の時。

または10歳を超えた老犬の場合は、ワンブルを使用しないことをオススメします。
全ての老犬にダメ!というつもりはありませんが、相手は生き物です。
どうしてもワンブルを使いたいの誰ば、刺激の弱い音信号から試してみるのがよいでしょう。
くれぐれも病気の犬や妊娠中の犬は絶対に利用しないことをオススメします。

 

⑧ワンブルに電池を入れるとき、電池の+‐の向きは確かめて正しく入れましょう!

➡たかが乾電池ですが、ワンブルのような精密機械だと故障や事故につながる可能性があります。
簡単なことですので、向きは必ず確認しましょう!

⑨ワンブルを分解したり、自分で修理してはいけません!

➡この項目は強めの言葉で書きましたが、ご自身で分解したがる人が本当に多いです。

しかしワンブルの場合、故障のみならず、何かしらの事故につながる可能性もあります。
ワンブルも、オーナーさんが分解した時点んで保証も対象外になります。
事故につながる可能性もあるのです。
なので、ご自身でワンブルを修理したり、分解したりするのは絶対にやめましょう(*^^*)

 

以上9点が、私の思うワンブル使用における事故予防策です。

 

最後にまとめますね!!

ワンブルを使うことによる事故の口コミやネット上での評判はありませんでした。

ワンブルはISO認定工場で作られているほど高品質な商品。

ワンブル 事故

にも関わらず事故があるとすると、それはユーザーの使い方や管理方法に問題があることになるんですね。

使うのが愛犬なので、飼い主としてワンんちゃんとワンブルを両方とも見守る・・・。

ワンブル事故

そんなことをちゃんと意識すれば事故にはならない!と思います(*^^*)

参考にどうぞ!!

オススメ記事:ワンブルはブログの口コミレベルの情報で使っていもいいものなのか?

 

関連記事

ページ上部へ戻る