ワンブルの重さはどれくらい?子犬や老犬でも本当に首輪として付けられるか?

ワンブル重さ

無駄吠え防止装置して大人気の首輪【ワンブル】。

子犬にワンブルの使用を考えている人は、『ワンブルって、重さはどれくらいだろう??』って気になる方もいるようです。

今回はワンブルの重さにクローズアップしてみました。

ワンブルの重さはどれくらい?子犬や老犬でも本当に首輪として付けられるか?

ワンブル重さ

まず重さに関してですが・・・

受信機が40グラムで、ベルトが35グラムなので

犬が付けるワンブルの合計の重さが75グラム

ワンブル 重さ

となります。

 

そこには電池の重さが含まれていないので、電池を入れた時の重さを考えます。

単4電池2本を使うワンブルですが、単4電池は11グラムくらいなので、それが2本ですから・・・

電池を入れたワンブルの重さは75+22=97グラムとなります。

もちろん乾電池にも個体差があるので、若干の違いを考慮すると、ワンブルの重さは100グラムくらいではないでしょうか?

 

乾電池を入れたワンブルが100グラム位と分かったところで、次は子犬や老犬に使えるか??と言うことだと思います。

これに関しては子犬にも老犬にも個体差があるので、一概には言えません。

ただ、個人的な感覚では生後6か月を経過した子犬であれば、ワンブルの重さは問題ないのかな??と思っています。

 

というより、重さよりも付けている違和感に慣れさせる方が優先かもしれません。

ウチの愛犬(ミニチュアダックス)は100円均一で売っていた犬の防止(重さは軽い)でも、一生懸命取ろうと暴れます。

暴れる理由は帽子の重さが重いからではなく、普段付けていない頭部に物が乗っかっているから!

付けている違和感はワンブルでも同じだと思うので、子犬や老犬はまずは付けている違和感に慣れさせる方が先かもしれませんね(*^▽^*)

 

ということで、今回のまとめです!!

ワンブルの本体は75グラム(受信機40グラム、ベルト35グラム)で、電池2本を入れた時の総重量は100グラム弱です。

そんな重さのワンブルですが、子犬や老犬に関しては、付けている違和感を慣れさせるのが先決でしょう。

 

ワンブルの重さについて、気になった方の参考になれれば嬉しいです(*^▽^*)

 

ワンブルを子犬で使用できるのはいつから?その理由も解説!

ワンブルって老犬に使うと逆効果なのか?ワンブルが老犬に有効か?考えてみた!

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る